神前式?キリスト教式?結婚式にはどんな種類があるの?

こんなにある幸せのカタチ、結婚式の種類

人生においての一大イベント、結婚式は実は種類がいろいろあるのはご存知でしたか?
まずメジャーなもので神前結婚式。一般的に日本古来の伝統を用いた日本的な結婚式です。女性が白無垢を着る昔ながらのものです。
次に教会結婚式(キリスト教結婚式)。バージンロードを歩華々しい結婚式。西洋から来たものです。
仏前結婚式。仏さまに結婚する二人の縁は生まれる前からのものとする結婚式で特徴は神前結婚式と似ていますが少し趣が異なります。
自宅結婚式。自宅で上げる結婚式です。日本古来で式場を借りず自宅で結婚式を挙げる風習が地方であったそうで、今ではまれになった方法です。
最後に人前結婚式。人に愛を誓う結婚式で形式にとらわれず場所の指定はありません。一般的なものから昔のものまでたくさん種類があるのですね。

様々な結婚式で共通しているものとは

結婚式は仏や神様、または知人、知り合いを含め永遠の愛を誓うもので、そのあと行われる結婚披露宴とちがいそれ自体は少人数で行います。
主に家族や新郎新婦の信仰している宗教に深く関係していて、ほかは国によるもの。詳しくいうとお国柄。場所の風習によるものも関係しているみたいです。
しかしやはり自分たちの幸せのカタチを大事な対象にむけて誓う、という行為は共通していますね。
そのあとの人生を共に歩む人との幸せの瞬間、やはり大事にしたいものです。
振り返ってみると好きのカタチもいろいろあるように結婚式のかたちも様々な種類があるのですね。
ぜひこの記事を参考にして大事なパートナーとあった方法で永遠の愛を結婚式で誓ってみませんか?

東京の結婚式場はスタイリッシュなので都会にいながら優雅な挙式をすることができます。東京とは思えないような会場もあるので魅力的です。