六曜は気にした方がいい?結婚式に適した日取りとは

六曜で見る結婚式に適した日取りとは

六曜とは中国から伝わったもので、元来は時刻の吉兆を占っていましたがいつの間にか日の吉兆を占った物になり、現在では冠婚葬祭の日取りを決める時に参考にされています。
結婚式に向いているとされるのは、全てにおいて良い結果がでる大安、大安の次に縁起がよいとされている友引の2つです。また午後に披露宴が開催される場合は、先負も良いとされています。
反対に大安の反対で物事が凶とでる仏滅、お祝い事は避けたほうがいいと言われる赤口は縁起が良くないと言われているため、六曜を意識して日取りを決める時は避けるようにしましょう。
大安に結婚式を挙げたいと思う人も多いため、大安を希望する場合は早めに日取りを押さえておくようにしましょう。

親に日取りを納得させる

主催者側、特に年配の方は結婚式は大安か友引に行うのが当たり前と思っている方も多くいます。トラブルを避けるためにも、事前に日取りを両親に確認しておくのがいいでしょう。
大安以外の日取りを選びたい時は、式の前に両親を納得させるようにしましょう。比較的スムーズに納得してもらえる理由としては、「式場が人気で大安が1年以上先まで予約で埋まっていた」というものです。また、他の日取りにして費用が安くなる場合は、そういった魅力を伝えるのもいいでしょう。
他にも式場は無理だったけれど、入籍日は大安を選ぶという方法があります。入籍は書類を提出にいくだけなので、希望の日取りを選ぶことが可能です。入籍日と挙式の日程が別というケースにおすすめです。

結婚式場はホテルから神社やレストランまで多種多様な種類があります。ブライダルフェスタを行っている所も多いので、料理や雰囲気や費用面を見比べて慎重に決めると良いでしょう。